WINE ・ WANDERING
ワイン彷徨通信
ワイン生産地への旅、造り手との対話、ワインをめぐ
るお話を少しずつ書きとめてゆきます。ブラジルワイ
ン特集が一段落したので、他の生産地へご案内します。
 
031「月の港、ボルドーへ」upload 11.02.2018
2011年、初めてボルドーを訪れた時の記録です。2016年にワイン文化の総合施設「シテ・デュ・ヴァン」がオープンしたこともあり、2017年に再訪しましたが、2011年の印象はいまだに鮮やかです。港があったので、ハンブルクをはじめとする北ドイツのハンザ都市とは、とても縁の深いワイン産地です。
 
BACK TO HAMBURG
追憶のハンブルク・未知のドイツ
私にとって、ハンブルクは過去と現在が交錯する街、
そしてドイツは今なお未知なる国。ブラジルを知って
から、この街、この国が違って見え始めました。
 
027「ベルリン 1980年の夏」upload 24.08.2017
サイトスタート時から、ハンブルクの街歩きをしています。長年住んでいる街の、失われてしまった風景と、新しい風景をたずねます。
今回は、旧東独時代のベルリンのことを思い起こして書いてみました。過去のエッセイは右のアーカイヴからお探しください。

 
TRANS・BRASIL
ブラジル・日本往復
ドイツに住みながら、日本とブラジルをそれぞれ往復
するようになって16年目。3つの文化をめぐる言葉の
スケッチブック。
 
020「伊丹十三記念館へ」upload 29.12.2017
2015年の晩秋に訪れた、四国、松山の伊丹十三記念館。ヨーロッパの修道院建築を思わせる、回廊と中庭のある素敵な建物。静けさの中、インスピレーションが次々と湧いて来る、いつまでも佇んでいたい場所でした。