KOUJIN SUGAHARA MUSEUM 菅原洸人オンライン美術館
 
 
菅原洸人オンライン美術館

パリのカフェ1

伯父はパリを愛し、毎年のようにパリに通っていました。遺作のほとんどがパリの風景を描いたもので、カフェを描いた絵が沢山あります。中には、実在するカフェだけでなく、想像上のカフェもあるのかもしれません。パリにお住いの方、パリにお詳しい方、「きっとあのカフェだ」とお気付きになられたら、ぜひカフェの名前と通りの名前をお教えください。

このページにはまず4点をご紹介します。カフェを題材とした油絵は全部で21点残っています。伯父の日記の抜粋も掲載しました。文章はそのまま手を入れずに掲載しました。

伯父の日記「パリの独り言」から(1989年)

「・・・人々が家路を急ぎ、建物の明かりと車のヘッドライトが師走の夜を華やかにしている。ここはモンパルナス。向かいはモジリアニの出入りしたカフェ・ロトンド、今にもピカソが、スーチンが、フジタがその辺を歩いてきそうな雰囲気だ。様々な歴史と哀愁を秘めたパリの夜。いつもだが、この界隈には心残してメトロの石段を降りる・・・」(12月某日)

「・・・良い天気。冷気つよし。午後モンマルトルの丘へ。寒いので画家も観光客も少なし。カフェに入って広場を眺め、画家の生態をスケッチ。客を求めて立っている似顔絵描きも手持ち無沙汰の様。たとえ生き方は違っても、画家仲間にそぞろに心情を思う・・・」(12月某日)

伯父の日記「初冬パリ日記」から(1991年)

「・・・灰色に閉ざされた、重く冷たい街並みに、黄昏の帳が降りる頃、角の小さなカフェの灯りがなつかしい・・・」
(12月4日)

伯父の日記「パリの呟き」から(1992年)

「 ・・・快晴。パリも20年以上描いているので、今日はどっちに行こうかと迷う。だが、サン・ミッシェルでバスを降りて、芸術通りへ入る広場で視点を変えると、いい構図が幾つもある。カフェは寒くなるとガラス戸で囲うが、春になるとどこも開放的になり赤い傘を広げて椅子もテーブルも表に出して、そこで皆コーヒーやビールを飲んだりおしゃべりをしたりして、並木の新緑と調和してそのまま絵になるのだ・・・」(5月21日)

「 ・・・曇り時々晴れ。ピカソ美術館の手前のカフェに入ってみる。去年は2ヶ月間この前を朝晩通ったが、青く塗って綺麗な外観を眺め、中年のムッシュを見て通っただけだったのだ。こじんまりしているが、中も綺麗で5個あるテーブルには小さい花瓶の花も可愛く、落ち着いた高級な感じだ。こっちは覚えているが、向こうは知らんらしい。リモナードを注文する。ふと見ると、壁に日本の雑誌の切り抜きでこの店のカラー写真が貼ってある。日本にも紹介されている有名な店らしい。なるほどそのせいか、リモナードは21フランとずいぶん高い。普通は16フランくらいだ。店内と外観を撮影させてもらう。スケッチは昨年印象で描いてある・・・」(6月1日)

伯父の日記「新緑パリ日記」から(1995年)

「 ・・・最後のパリの1日。シャトレやポンピドー界隈をゆっくり回って名残を惜しむ。この3ヶ月我ながらよく仕事をした。油絵を10号40枚以上、アクリル、水彩もそれ以上やった。とにかくあの震災に見舞われてからは、いつどうなるか分からないので、目一杯描きまくらねば気がすまんみたいで、本能でバリバリ描いたのだ。後は神様任せだ。何か踏ん切りがついて一歩前進できたみたいだ・・・」(7月7日)


作品ページもくじ

パリのカフェ1
パリのカフェ2
パリのカフェ3
パリのバー etc.
パリのクレープ屋
パリの八百屋と屋台の焼栗屋
パリの花屋
パリの雑貨屋と衣料品店
パリの靴屋
パリの酒屋 etc.
パリの骨董屋と蚤の市
パリの蚤の市
パリのメトロと広告のある壁(準備中)
パリの街角1(準備中)
パリの街角2(準備中)
パリの下町(準備中)
モンマルトル界隈1(準備中)
モンマルトル界隈2(準備中)