KOUJIN SUGAHARA MUSEUM 菅原洸人オンライン美術館
 
 
菅原洸人オンライン美術館

パリの骨董屋と蚤の市

伯父は日記に、度々パリの蚤の市について描写しています。このページでは、伯父に蚤の市を案内してもらうことにします。

伯父の日記「パリの独り言」から(1989年)

「・・・午後モンソールの蚤の市へ。道端の水が凍ってザクザクしている。でも天気が良いのですごい人出だ。大部分はアラブ、アフリカ系の人々でごったがえしている。古着屋、古道具屋や雑貨屋などはましな方。古服を2、3枚抱えた人、古靴を並べ、蛇口の壊れたのやスイッチの取れたスタンド等など、ごみ捨て場から拾ってきたような品物も多い。そしてサンドウイッチ屋に焼栗屋とゲーム屋からメリーゴーランドのミニやら大道芸人まで出ている。人出に押されて前に進む様な状態だ。(中略)下町のお祭りみたいだった。・・・」(11月某日)

「・・・午後クリニャンクールの蚤の市へ。昔からの歴史もあり広い土地に色々な骨董屋や道具屋、衣料店、アフリカの民芸品屋等、うっかりすると迷子になるくらいだ。道端に布を拡げて雑貨やガラクタを売っているのは各国の流入難民かもしれない。人種の違う店番や通行人を見ているだけで面白いし絵になる。・・・」(11月某日)

「・・・寒いが午後クリニャンクールへ。蚤の市の先の大通りをどこまでも歩く。墓地もある郊外らしくなったあたりで3枚スケッチ。出た限りは何か描かねば気が済まぬ。これも一つの業か。日陰にはうっすらと雪が残っている。カフェで一休み。・・・」(12月某日)


作品ページもくじ

パリのカフェ1
パリのカフェ2
パリのカフェ3
パリのバー etc.
パリのクレープ屋
パリの八百屋と屋台の焼栗屋
パリの花屋
パリの雑貨屋と衣料品店
パリの靴屋
パリの酒屋 etc.
パリの骨董屋と蚤の市
パリの蚤の市
パリのメトロと広告のある壁(準備中)
パリの街角1(準備中)
パリの街角2(準備中)
パリの下町(準備中)
モンマルトル界隈1(準備中)
モンマルトル界隈2(準備中)